WechatIMG458.jpeg2019年9月14日、ドバイにあるPALACE DOWNTOWN ホテルでBusyness Token Eraの発行記念式典が執り行われた。


式典には仮想通貨業界から様々な著名人が参加し、さらにはドバイの著名な方々も参加した盛大な記念式典となった。

 

WechatIMG441.jpeg

各著名人からの挨拶の様子


WechatIMG443.jpeg


WechatIMG444.jpeg


WechatIMG445.jpeg

WechatIMG447.jpeg

WechatIMG449.jpeg

WechatIMG450.jpeg


WechatIMG459.jpeg

発行記念式典テープカットの様子


WechatIMG448.jpegテープカット後BTE 発行が行われた際には著名人が皆手を合わせる形での発行となった。


WechatIMG451.jpeg協同でのケーキカット


WechatIMG455.jpeg


WechatIMG456.jpeg

Busyness Token Era (以下BTE)は、イーサリアムのビジネス版で発行されるトークンは安定性に特化した性質を持っています。この安定したブロックチェーン プラットフォームは、“Dapps”を取り入れることで、様々なビジネスにおける独自トークンの発行することで、巨大なビジネスプラットフォームを構築することが可能になります。

 

このBTE はブロックチェーン プラットフォームにおいて、3つの要素を持っています。


・ブロックチェーンにおけるコンセンサスの構築

・独自トークンを発行する際に必要となる、トークンの設立、ライセンス、分布などの管理

・ユーザーや投資家によって構築された価値に対して理解のあるコミュニティープラットフォーム

 

この3つの要素を取り入れることで、新たに企業が独自トークンをBusyness Token Era のプラットフォーム上に構築した際に、トークンに対する信頼性を得ることができ、ブロックチェーンに対して知識のあるコミュニティーからの声を取り入れることで企業の発展への助力を与えてくれるだろう。

 

BTEブラットフォームは金やニオブ、リチウムといった採掘業や600平方キロメートルに渡る林業、それ以外にも様々な業界企業がこのBTEプロジェクトに参加しており、非常に強固な基盤を保有しています。

 

また、新たな企業がBTプラットフォームに参加することができれば、物流やホテル、新エネルギー産業、教育、スポーツなど多種多様な業界をBTEプラットフォーム上で繋がる事ができます。また、顧客などには、オフラインでも持ち運び可能なカードでBTEを利用して消費、入金、出金などのプロセスを円滑に行うこともできます。

 

各企業はそれぞれのサイドチェーンを構築することができ、それらには。優秀なインストラクターや取引所、上場企業、資金、銀行からの戦略的な指導などをサイドチェーンから取り入れることができ、グローバルで多種多様な業種をBTEによって循環させることで、構築する事ができるようになります。

 

すでにBusyness Token Era ではすでにGlobal Cooption Platform が完成しており、12個のアプリケーションが開発されオンライン状態で利用する事ができます。


スクリーンショット 2019-09-15 10.02.03.png


BTEは近日中にアプリケーションを発表予定されている。

BTEプラットフォームは将来的に、広大なインターネットから、不透明な異業種に対して、より鮮明な視野を提供する事ができ、企業間の契約や、発展に多い気貢献できるだろう。

 

式典の後半には盛大な親睦会が行われた。


WechatIMG457.jpeg


イベント参加者一覧



スクリーンショット 2019-09-15 10.52.58.png