cryptonewsによると、日本家屋大手のSekisui Houseは、BitFlyer取引所とともにテストブロックチェーンを開始することを発表し、クライアントがスマートフォン上の不動産賃貸契約を完了することを許可すると発表した。両社は、紙データを完全に廃止して、ブロックチェーン技術で駆動されたスマートフォンのアプリケーションによって複雑な賃貸取引を行うことを望んでいるという。