IOST メインネットは2019年2月25日に正式にローンチされました。続いて、IOST 財団は積極的にOlympus v1.0のアップデートとメインネットトークン・スワップを実行しています。 IOST ERC-20トークンの1回目が正常に焼却されたことをお知らせいたします。

第一回目の焼却:2,170,000,000 IOST(ERC-20トークン)。これは全供給量の20%以上に相当します。

焼却トランザクション記録

https://etherscan.io/tx/0x5e914633e434f078600e0963726b29eecde0f6725682fb356a9b8d18ab675416

https://etherscan.io/tx/0x7d0f657bd7da1077dc49c9430e534e31a4d656cef4de54cd349b3092f2acd0df

メインネットトークン・バーンは続きます

Olympus v1.0は現在200近くのノードパーナー候補で堅実に稼働しており、2019年3月6日3:25 PM(シンガポール時間)の時点でブロックは3,879,596、11,729,771取引に達する。

現在メインネットのトークンスワップ・プロセスは全速で進行しています。 ERC-20トークンバーンについては、IOST 財団がタイムリーにコミュニティと共有し、世界中のすべてのユーザーとサポーターがこのイベントを監視しています。

主要な取引所の参加

主要な取引所の、Binance、Huobi、BISS、Upbit、Bithumb、KuCoinなどが正式にIOSTメインネットトークン・スワップ に関する発表を行い、タイムリーかつ計画的にメインネットのトークンスワップに取り組んでいます。世界中のユーザーとサポーターのためのメインネットトークン・スワップが確実に行われるようにIOSTチームと連携しています。



MEET IOSTより引用

本記事に関する引用元:https://medium.com/@meetiost/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%B3-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%8C%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F-%E5%85%A8%E4%BE%9B%E7%B5%A6%E9%87%8F%E3%81%AE20-%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%82%92%E7%84%BC%E5%8D%B4-a60735560a49