昨日のある日、波场の创始者である孙宇晨が「辺控」のニュースで円圏が揺れました。
財新報道によると、孫宇晨はすでに辺鄙に支配されています。相金整治はすでに公安機関にその立案を提案しました。
新浪財経によると、孫宇晨はこれまで監督管理機関のリスト内では注目されていなかったが、バフェットと関係があり、引き続き宣伝を続けていたため、監督管理機関の視野に入ったという。
Odaily星日報によると、孫宇晨は今日未明にアメリカで生放送しています。
あるユーザーは孫宇朝が外国にいる以上、出国を制限されることはないと思っています。
実はそうではないです。
辺控は何ですか?国境支配とは、事件に関わる外国人または中国国民が、出国の機会を利用して司法機関から法律責任を追及し、国内の国家、集団または個人の財産などに重大な損失をもたらすことを防止するために、法定手続きを通じて国境の港で出国を制限する一種の保全措置である。
制限対象は中国国民と外国人(中国国籍を持たない人)です。
関係部門は、基本的な犯罪の疑いや理由があると認定すれば、「ながら控」を実施することができます。立件する必要はありません。
たとえば告発を受けて、一定の内部の手がかりと証拠があります。
北京の大成弁護士事務所のパートナーである肖颯氏によると、出国制限の理由は単一ではなく、犯罪にかかわるとは限らないという。
制限された主体は国内にいると、出国が制限されます。国外にいると、入国時に相応の措置が取られるかもしれません。
通俗的に言えば、関連部門の制限出国リストに入ったという意味です。この主体がどこにいるかは関係なく、海外にいるという事実とは衝突しません。
なお、出国期間を制限する場合は、通常、対象者の国内活動の自由は制限されません。
外国のパスポートを持っている当事者に対してパスポートの拘留、出国制限等の措置を実施した後、48時間以内に上級人民法院に一級ずつ報告し、同時に同級の人民政府外事弁公室に通報しなければならない。
出国を制限すると決定した場合、写真を差し引くと、必要に応じて外国人に通知し、領事館の当該当事者のパスポートはすでに裁判所に拘束されました。被写照者が使用され、領事館がパスポートを紛失したことを理由にパスポートの再発行を申請し、強制措置が無効になります。
かつ、一定の期限を持ちながら、「法により外国人と中国国民の出国を制限する問題に関する若干の規定」に規定されている。出入国の動態を把握する必要がある対象については、最長で1年を超えてはならない。
その他の制御措置が必要な対象に対して、制御期限は通常1ヶ月で、最長3ヶ月を超えてはいけません。
今年から初めて辺控は六ヶ月が多いです。
関連する刑事、民事及びその他の違法、違反行為がまだ解決されていない場合、関連申請、審査手続きを経て、引き続き控訴しながら、関連する刑事、民事及びその他の違法行為が終了するまで、犯罪容疑が解除されたり、刑期が満了したり、掌握された機密が失効するまで何度も継続的に控訴することができる。
継続していない場合は、辺控解除
しかし、国外にいる中国国民に対しては、「ながら控」は確かに実際に束縛する方法がない。
関係者によると、国境を越える制約はないという。
彼が次の中国に入国する時に、監督部門の審査と再出国の制限を受けます。
また、制限された主体も強制的に拘束されて帰国することはできません。
確実な罪名がないと正式に司法手続きに入ります。当事者とその現在のところの国は中国の司法機関の調査に協力しないことを選ぶことができます。
調査の過程では、司法機関と当事者の調査対象、捜査員の場所と時間の統一性を制限することができない。
公安部から国際刑事組織を海外に派遣しない限り、現地の警察と協議し、現地の警察が調査対象に対して強制措置をとる。
このような状況は当分の間はあまり可能性がないと思います。今後の事件がさらに発展するのを見なければなりません。
しかし、関連案件の調査と発展によって、状況はいつでも変わるかもしれません。