MetaNode 前置き

MetaNodeはこの記事で、ARPAプロジェクトの紹介、ソリューション、アプリケーションのシナリオ、通貨の経済分析、チームやコンサルタント、開発の進捗状況からARPAを徹底的に分析します。短期的な価格の変動は、たくさんの偶然的要因があるため、値上がりさえすれば良いプロジェクトというわけではありません。MetaNodeは独自の選別基準があり、投資内容に対して深い理解が必要だと感がえています。トークン価格は、一定の時間を経てからプロジェクト本来の価値が見えてくるはずです。


ARPAとは:

ARPAは、企業と個人のためのプライバシーコンピューティング機能と安全なデータフローソリューションを提供しています。セキュアマルチパーティ・コンピュテーション(MPC)暗号システムに基づくARPA保護コンピュテーションネットワークは、あらゆるパブリックブロックチェーンに対して保護コンピュテーション機能を提供するプロトコル層(レイヤー2)として使用でき、開発者はARPAコンピューティングネットワーク上で効率的で安全なコンピューティングネットワークを構築することができます。ARPAコンピューティングネットワークは、ビジネスアプリケーションのデータプライバシーも保護します。企業および個人のデータは第三者へ漏洩される心配はなく、APRAコンピューティングネットワーク上で安全に分析および利用できます。


ソリューション:

情報爆発の時代においてデータはお金なりと言いますが、ブロックチェーンに透明性があるため、現在のパブリックチェーン上では、機密データや情報が計算時の安全性やプライバシーを保証することは難しいのです。ブロックチェーンで取引されたトランザクションデータが共有の台帳にさらされ、敏感で価値の高いデータがリンクさせることはできません。これに対して、複数のブロックチェーンプロジェクトは、準同型暗号やゼロ知識証明(Zcash)やTEE(Trusted Execution Environment)など、さまざまな情報プライバシーを守る解決策が提案されていますが、ARPAが使用するセキュアマルチパーティ・コンピュテーションMPC(Enigma)では、安全性、正確性、プライバシー保護性ともに高く評価されています。

ARPAの注目すべき解決策の1つは、オフチェーンコンピュテーションを用いて、検証済みコンピューティングを使用して、複雑なオペレーションをオフチェーンの安全なコンピューティングネットワークに転送し、チェーン上のコンセンサスのスピードを劇的に向上させ、パプリックチェーンインフラのパフォーマンスを向上させます。ARPAネットワークでは,異なるデータソースが自分のデータを公開せずに協同コンピューティングを行うことで結果を得ることが可能であり、ブロックチェーン上のスマートコントラクトにより、ネットワーク参加者はデータの取引、転送、決済を素早く行うことができます。


応用

ARPAは以下のような場面で利用可能です:

1. 信用調査:
 MPCにより、金融や保険企業が顧客の負債比率などのリスク指標を共同分析することを可能にします。現在の金融機関では利用可能なデータが限られているため、リスク評価に誤差が生じやすいです。MPCのプライバシーはデータの解放をもたらし、評価をより包括的かつ細かくし、効果的にリスクを軽減します。

2. 多次元健康分析:
 MPCにより、医療機関に複数の病院での患者カルテとスマートハードウエア生物データを分析し、患者や病院やスマートハードウエアメーカーのデータが漏洩しない前提で、患者をより正確に診察することができます。同時に、医療機関向けの共同データ分析により、薬物研究機関は特定の地域の特定の疾患についてより全面的に理解することができます。

3. 共同マーケティング:

MPCにより、業者が潜在顧客の情報を分析することで、より正確に宣伝することができます。広告依頼主は、個人データの漏洩を心配することなく、より多くのデータディメンションから顧客の購入意図を可視化できます。
 
 データのプライバシー保護は多くの分野で巨大なアプリケーションシナリオがあり、市場の需要は広いです。現在ARPAのパートナーは、Stardust、ANZ、Credit Karma、および20社を超える国内外の大手企業(Fortune 100企業、貿易機関、金融機関および保険機関、ならびにビッグデータマーケティング機関)などが含まれています。ARPAの現在のサービスには、マルチ共同リスクコントロール、サプライヤーの合同KYC、ブラックリスト共有、セキュリティモデル分析などの複数のソリューションが含まれています。金融や取引分野に焦点を当て、企業のために安全にデータの相乗効果を生み出すことに貢献します。これらのサービスは、主にto Bに集中しており、今後トークン価値に変化が起きるかどうかはもうしばらく観察が必要です。


トークンエコノミクス分析

トークン分配:
 ・トークン発行総量: 20億トークン

トークンの分配表で見られるように、ARPAプロジェクト全体の総資金調達額は約$600万米ドル、評価は約$4,000万米ドルです。Oasis Labs、Ankrなどの競合企業と比較すると、融資額や全体評価はARPAの方がはるかに高いです。

注目すべきことは、ARPAのトークンの30%はマイニングにより生産され、コンセンサスメカニズムはPOSに類似しています。担保としてトークンはノードになり、マイニング報酬はトークン数とオンライン時間の長さに影響されます。担保としたトークン数が多いほど、報酬も多くなります。投票を実施することで、一定数のトークンが投票権を獲得し,コミュニティ内の事を投票により決めることができます。

POSは、昨年のメインネットリリースされたEOS / TRONプロジェクト、そして最近公開されたCosmos、IrisNetworkプロジェクトのいずれにおいても、2018年以来幅広い議論を続けていますが、いずれもPOSコンセンサスメカニズム(またはDPOS)を採用しています。効率を求められるネットワークの中で、POSは最適なコンセンサスメカニズムです。POSは集中型ではありますが、ペナルティーメカニズムで抑制し、システムの正常な稼動を保証し、ブロックチェーンのネットワークの分散的なコンピューティング需要を満たせば、より高い効率をあげることができます。


トークン機能:

・計算料金: 
 ノードへのARPAトークンの支払い

・データおよびモデル使用料: 
 データ提供者およびデータ最適化コンピューティングモデルの参加者のインセンティブ

・担保と保証金: 
 保証金がわりの担保としてトークンはノードになり、悪意のあるノードを防ぐことができます

・コミュニティのガバナンス: 
 トークン所有者は投票することでコミュニティを管理に参加できます


創業者のインタビュー:

Q1:ARPAとはどんなプロジェクトですか?ARPAはどんな事を成し遂げようとしているのですか?

A1: ARPAの中核技術であるMulti Party Computation(MPC)をセキュリティマルチコンピューティング,またはMPCと言う我々の研究は,世界初のMPCを実現したブロックチェーンプロジェクトであり,そのブロックチェーン本体,コミュニティチェーンと連携し,レイヤー2として機能追加を果たしました。もし、ユーザーやデベロッパーが勝手に我々のプライバシー保護コンピューティングネットワークを使用しようとすると、すぐに発覚できる仕組みになっており、直ちに対処する事が可能です。このプライバシー保護コンピューティングネットワークをつかう事で、個人データーを見ずに計算を行える為、データーの流失を防ぐ事ができ、それら企業の抱えている問題を解決する事が出来る様になります。

Q2: ARPAどのような部分に適用されるのでしょうか?

A2: では、今の受注とPOCを合わせて説明させていただきます。実はTo Business向けとTo Client向けの2つの部分がありますが、今回はTo Bの例えで説明します。しかし将来的にはTo Cの市場になるとおもいます。2つの部分に分けて言えば、まず、To Bは多くの人のデータを収集していて、複数の人のデータを統合しています。例えば、これまでのデータ仲介は、Bloombergや国内のクイーストテクノロジーのような会社で、非常に多くの人のデータを集めて、より大きなデータを作り、加工します。ARPAのMPCは,データの生産者,あるいはデータソース会社ごとに,データを仲介せずに皆で一緒に分析したり,データを計算したり,モデル化する事ができます。ARPAはデータ仲介を代替するもので、これは銀行間でブラックリストの共有や、金融における金融規制、保険請求書、広告上の精密マーケティングなどのTO Bのマーケット向けの部分です。

To Cのマーケットは更に大きいです。例えばFacebookやBATなど、無料で提供してるサービスは膨大な個人データーを集め、使用しています。我々は個人がDate Walletを保有し、個人データーを安全に保管する事ができ、その内容を分析させてあげる為、共有をする事を可能にします。TO Cのマーケットは莫大であり、無限の可能性があります。では、もう少し具体的に話しましょう。このData Wallet以外で、今や中央集権型の取引所が多い中、暗号資産の秘密キーの管理をするのもとても大変な事ですよね?MPCを使う事により、秘密キーの再生や認証をフラグメント化する事もできます。これも応用の1つの例となります。このようにどの業界でもMPCを応用できる部分は非常に大く、MPCが将来分散型ビジネスのインフラになる可能性が大きい事を意味します。

Q3: ARPAにライバルはいますか?そして、競争点は何でしょうか?

A3: MPCの安全多方面コンピューティング分野では、まだライバルと言えるプロジェクトはないと思います。我々は世界初MPCとブロックチェーンを融合させ、マルチ暗号化テキストコンピューティングを可能にしたプロジェクトです。しかし、しかし,この技術のカテゴリは,Secure Computationと呼ばれる安全なコンピューティングというカテゴリであり,この領域には我々のMPCのような技術に加えて,同形暗号化のような信頼性のあるハードウェアソリューションも存在します。例えば、ハードウェア系のANKR,Teex。例えばGolemの様なクラウドコンピューティングプラットフォームの様なプロジェクトもあります。もしARPAを例えるなら、ANKR, DataWallet,Ocean Protocalの様なプロジェクトだと思います。理由はMPCが分散型のネットワークであり、ハードウェアも必要なく、コンピューティングを中央集権のベンダに依存することなく行うことができ,データを提供する側が分散して暗号テキストでコンピューティングを行う,といった解決策があるからです。

私たちの業界は、今金融業界に集まっていて、例えば銀行ブラックリスト検索、銀行貸出、すべてがTO Bのビジネスです。しかし個人データーの領域では更に可能性があります。つまり、TO Cの様なデーターエクスチェンジにおいては、将来的にたくさんのニーズが出てくると思います。データー業界での最大の問題点としては、チェーン上に個人データーがあると、別の人が内容を見れると同時に、使用する事も可能で、プライバシーが保護されない事です。しかし、我々は個人データーの使用は許すものの、内容までは見れない様になっているので、プライバシー保護を可能にします。

Q4:チームについて詳しく教えてください。

A4:私たちのチームは常勤合計10人です。そのうち7人は技術者です、そしてブランドマーケティングは合計3人です。大学時代はアメリカにいました。ニューヨーク大学で経済と金融を学び、その後アメリカでヘッジファンドをしていました。それから中国に帰国し、Fosun GroupのビッグデータとAI、そしてブロックチェーンの研究に早期投資していました。この業界に携わったのは早い方でしたので、2007年からたくさんの変化を見てきました。私たちのプロジェクトの目的は、実際のビジネス上の問題解決、つまりデータのプライバシーとデータセキュリティの問題をどのように解決するかから始まりました。これは将来の分散型商用インフラです。

我々のチームはこの目標達成をするために構成されました。例えば、私たちのエンジニアは主に二つの部分に分かれています:一つの部分は研究チーム、研究チームは主に苏冠通(Su Guantong)と章磊(Zhang Lei)がいます。

Guantongは清華大学の暗号PHDであり、Zhang Leiは10年間の徹底的な研究を経て、現在は主にAI分野でアルゴリズムを作っています。二つ目の部分はエンジニアチームです。私たち全社員は、大規模分散型システムに携わった経験があります。例えば、創業者兼技術ディレクターの陈将(Chen Jiang)は、以前Google Cloudで分散型システムとセキュリティの部門で働いていた経験があります。また、我々のブロックチェーンエンジニアの呉逸飛(Wu Yifei)は、以前三菱総合研究所でコンソーシアム・ブロックチェーンを開発し、東京大学で天体物理学科を卒業しました。また、マーケティングチームも経験が豊富です。メインメンバーの徐野牧(Xu Yemu)は経験が豊富で、以前はシカゴで起業し、非常に優れた金融テクノロジー企業を立ち上げました。ブランディングと管理全般に関しては、私が主に担当しています。これまで投資や事業開発を通して、広い人脈を作ってきました。その中で、私たちの大口顧客は、新しい技術を試したいと思っている企業で、我々の技術をとても気に入ってもらっています。

先ほど申し上げた常勤者10人の他に、MPC分野の先駆者の生徒2人(1人はベルギー、1人はデンマークに在住)を含む5人の研究グループもあります。彼らは基本的に半常勤で、多くの理論的知識と暗号学について指導をしてもらっています。

Q5: APRAのトークンがネットワーク上での役割は?

A5:ネットワーク内でのトークンの役割は主に4つあります。1つ目がコンピューティングリソースですが、要はコンティングパワーです。我々はプライバシーコンピューティングネットワークなので、皆様に自分のコンピューティングパワーを提供していただけると嬉しいです。このコンピューティングパワーは今はまだワークステーションくらいですが、将来的には敷居の低くする事で、ノートパソコンのコンピューティングパワーを提供する事で、利益をあげる事が出来る様になると思います。2つ目の役割はノードにコンピューティングパワーを提供したい場合は、悪さをしない為に保証金を支払わなければなりません。3つ目の役割は、我々が全体の30%の通貨をマイニングすることで、5年から8年の間は分配が出来る計画になっています。4つ目の役割は、ノード投票であり、コミュニティのガバナンスにも私たちのトークンが必要になります。

ARPA公式コミュニティ:

Telegram Group: https://t.me/arpa_community

Twitter:https://twitter.com/arpaofficial



メタノード (MetaNode) は、良質なブロックチェーンプロジェクトのコミュニティガバナンスに焦点を当てたメディア型のノード組織です。MetaNodeは既にIOSTやARPAなど、多くのブロックチェーンプロジェクトのノードパートナーになり、複数の人気プロジェクトに投資をしています。

MetaNodeは独自の専門知識と選別能力により、業界で最も良質で長期的な価値を持つブロックチェーンプロジェクトを選出し、これらのプロジェクトのノードパートナーになる活動をしています。良質なプロジェクトはより多くのユーザーに知られるべきであり、結果より多くの参加者が増えるべきだと考えています。MetaNodeは、全てのユーザーが良質なプロジェクトに参加する事で利益を得られると信じています。

MetaNode公式コミュニティ:

Telegram Group:https://t.me/meta_node

Twitter:https://twitter.com/MetaNodeFans

Medium: https://medium.com/@meta.node