ビットコインキャッシュは、現在ハードフォークの方向性で意見が大きく2つに分かれている。簡潔に言えば、どちらかの意見でまとまるというよりも、新たな通貨の計画が出来上がるほどに分裂が進んでいる。つまり、ビットコインキャッシュは現状、様々な意味で投資しにくい通貨となっていると言えるだろう。

 

そして、そのような状況の中でもビットコインキャッシュは、トルコとアルゼンチンでSMSを使用した送金を開始した。

 

SMS送金と経済危機

前提としてビットコインキャッシュなどの仮想通貨は、経済危機に対して強みを持つ。ステーブルコインのように法定通貨と等価となる仮想通貨だけでなく、メジャーな仮想通貨すべてにこの特徴が当てはまる。

 

理由として、仮想通貨の価値は変動しやすいものの、一定量の仮想通貨に対する法定通貨の価値は決まっているからだ。つまり、経済危機に陥っている国の法定通貨を仮想通貨に変えておけば、法定通貨の価値が目減りしても仮想通貨には影響がない。その為、更なる経済危機に陥る前に、法定通貨を仮想通貨に変えようとする動きが加速している。

 

加えて言えば、トルコとアルゼンチンの法定通貨の価値は、ドルに対して約2分の1の価値となっている。つまり、国として財政危機の状態に陥っており、今後具体的な対策がとられなければ国の財政は間違いなく破たんすると言えるだろう。

 

経済危機の際には、仮想通貨の需要が増加する。そのうえで、ビットコインキャッシュにおいてはテキストデータでのやり取りが可能となった。つまり、より手軽な送金か可能になったことによってビットコインキャッシュのユーザーが増加する可能性があると言える。

 

もっとも、ビットコインキャッシュが一般の人々に使用しやすい通貨だとしても、現状ではビットコイン以上に先行きのわからない通貨となっている。たとえ分裂しなくとも内部紛争が収まっていない状態ではコミュニティが瓦解するおそれもある。今後のビットコインキャッシュの動向には要注意だ。