日本では、仮想通貨事業から行政処分を受けている取引所が8か所ある。しかし、日本の改正された決算アルゴリズムはのおかげで、これらの取引所は法律による行政処分を下されているにもかかわらず業務を継続することが認められている。日本の金融庁(FSA)は。2018年4月の最終週に、基準の設定および国内の仮想通貨取引の運用に関するガイドラインを設定をする「調査チーム」を組織したと報告している。 btcmanagerより引用