ニューヨークの議会ははある法案を検討している。法案が成立されたら、9人のデジタル通貨に関する研究チームを作成することになり、チームがデジタル通貨に関してアドバイスをする。水曜日、法案は銀行委員会の投票で通った後プログラムと方法論委員会に渡され、会議出席したすべてのメンバーが法案を支持して投票した。チームは法案が渡された場合、2019年12月まで知事と議会の両院に報告する。具体的いうと、ワーキング チームはデジタル通貨が国税にあたえる影響、デジタル通貨市場の透明度、可能な違法行為とデジタル通貨の金採掘事業のエネルギー消費量について研究する。