ICONIZスタンダードキャピタルとフロートキャピタルはコンセンサスの終わりにヨットパーティーを開催。BlockStream、ConsenSys、Dfund、亦来云韩锋、宝二爷、巨蟹、ゴールデンファイナンス、ノードキャピタル、ダンワーキャピタル、菩提、NEM、JRRクリプト、ビボックスが招待に応じて出席。ICONIZは会議で中国名「Standard Capital」を発表した。ICONIZ Standard Capitalは、米国のロサンゼルス、中国の北京に座しているブロックチェーン投資機関であり、業務はプライマリーマーケットシェア投資、トークン投資、プロジェクトインキュベーション、二級市場量化策略取引等が含まれている。スタンダードキャピタルはかつて、BNT、QASH、PAI、RCN、THETAなどの優良プロジェクトに投資したことがある。スタンダードキャピタルの主な投資方向は、ブロックチェーンインフラと金融アプリケーションであり、2018年にはインフラプロジェクトのインキュベーションを増やすと伝えている。スタンダード・キャピタルは、2018年6月に第2回ブロックインベスト・チャイナ・アメリカブロックチェーン投資サミットを香港で開催する予定であり、当サミットでICONIZ加速器二期加速プロジェックトを発表すると報じた。