2. BitcoinCash:ビットコインキャッシュは元々ビットコインプロトコルの分岐であり、取引ブロックのサイズを1MBから8MBまで拡大して、それから全てのブロックの余分なスペースを解放することによってビットコインの拡張性を高めようと試みた、そうすれば取引のサインを分離することができる。このような分岐に争議がある理由は、ブロックチェーンのサイズを高めると、小規模マイナーのマイニングの難度が多く増加し、計算力が大きいマイニングプールに集中することを意味する。

セキュリティ:この空間に巨大な飛躍があるのはセキュリティ暗号化通貨である。このような通貨にはビットコインの経済機能があるだけではなく、それ以外のプライバシーも提供でき、これはビットコインにないものである。ビットコインのアドレスは何れも匿名であるものの、アカウントの取引記録が調べられる。監督管理の背景から言えば、余分のセキュリティ保護の手段がとても必要であるが、逆に闇市場の取引も促進してしまうのではないかと心配している人もたくさんいる。
 1. Monero:モンローコインとビットコインの区別は、モンローコインはウォレットのアドレスが分かる残高を表示することがないことである。しかも、モンローコインは一つの臨時の使い捨てのアドレスを提供して、発想者と受取者のプライバシー権益を保護するようにしている。トークンは依然として伝送されるが、中の残高は表示されないだけである。モンローコインでは、個人取引も黙認されている。

 2.DASH:ダッシュコインはプライベートで発送するオプションを提供した、このオプションは取引を混入しており、ウォレットIDも分からなくなるようにして。ダッシュコインはダブル構造のネットワークを使用し、ビットコインのように完全にマイナーに頼って全てのオーダーを執行しているのではない。マイナーたちは新しいブロックを創造し、マスターノードは「プライベート発送」、「即時発送」と管理機能を行っている。ウィキペディアの解釈のように、マスターノードは巫女の攻撃を防犯するために1000個のDashを付属とする必要がある。これらの付属はあらゆる時間で使用されることができるが、こうするとネットワークで繋いでいる関連マスターノードを除去することになる。マスターノードが極めて重要なネットワーク機能を提供しているので、ブロックの奨励はマイナーとマスタノードの間で別れ、各チームがおよそ45%のブロック奨励が得られる。残りの10%は「予算」或いは「財産」システムに与えられる。

 3. Zcash:Zcashはゼロ知識証明、一種の新しいzk-SNARKSをインプラントする方式を使用している。その支払いは何れも共有チェーンに存在しているが、ユーザーは別のプライバシー機能を利用して発送者、受取者と取引額を隠すことができる。Zcashは取引者の選択性がある披露を許可する。こうする原因はマネーロンダリング対策と税金法に合わせる為である。