アメリカ独立評価機関Weiss Ratingsの創始者であるMartin D. Weiss氏は、アメリカ銀行業のルールの変化により、投資者がやむを得ず彼らの資金を移転しないといけないと予測した。

 ボルカールールが齎した変化

 とある「ボルカールール」に関する文章の中で、Weissは、該当プロジェクトが取り上げられたの時、ちょうど投機冒険の情緒がピークに達した時期であった、それから各種の重要なリスク資産は重大な損失が齎す可能性があると提言した。

 ボルカールールに対する評価はWeissが今年から暗号化通貨に対する注目を更に証明した。該当機構は今年に世界初の暗号化通貨市場評価レポートを発表したが、ビットコインにC+の評価をしたため、大量な争議を引き起こした。

 Martin D. Weissと文章のもう一人の作者であるJuan M. Villaverdeにとって、暗号化通貨は銀行の劣ったパフォーマンスによって信用ともっと多くの応用チャンスを勝ち取ることができるかもしれない。

 このルールが発効したあと、大手銀行はもっと人々のお金を持って冒険しがちである。

 

 暗号化通貨の波動性

 暗号化通貨市場の波動性は消費者がなかなか進出したくない原因であるが、Welssは、この状況が変わると思っている、その理由として、この市場は益々成熟していくのと同時に、銀行が担うリスクも益々高くなるためである。

彼らは、我々に安全的な資金ストアが実現できるもっといい技術がある以上、クレジット市場は改革しないといけない。将来の金融システムは我々が今見えているものと全く違うのであろう。とまとめた。

注釈(returns to text

 1.「ボルカールール」の内容は銀行業が取引の自営を禁止することを主要目的とし、自営取引とビジネス銀行業務と分離させ、つまり銀行が連邦預金保険に参加した預金を利用して、自営取引、ヘッジファンディング或いはプライベートエクイティを行うのを禁止することである。