ナスダックデジタル交換dx.exchangeを来月中にインターネット上で公開する予定だ。IMEOSの編集チームは多くの疑念を見つけた為、プロジェクト当事者は意図的にユーザーを欺く疑いがある。 同社はdx.exchangeのウェブサイトで、ナスダックと同じ取引エンジンを使用していると述べた。それだけではなく、この取引エンジン技術が広く使われていると報告されています。 ナスダックは以前、別のデジタル通貨「ジェミニ」にマーケット監督技術を提供し、公式サイトでリリースしたが、ナスダックの公式ウェブサイトでdx.exchangeとの協力発表はなかった。このプロジェクトの英語用語「powered by Nasdaq」は多くの人々の誤解を招き、ナスダックの交換として翻訳された。 ベテランの通貨サークル研究者である元飛(Yuan Fei)によると、規制当局のロゴは現実と矛盾しているようだ。 ナスダックの公式ウェブサイトは、発表時点で、この取引に関する情報を公開しておらず、ナスダックの公式ウェブサイトはdx.exchangeとの協力関係を示していない。ビデオとメッセージは、de.exchangeプロジェクトパーティーによって公開されています。 IMEOSはこの事件の進行状況をフォローアップし続けるユーザーに対して警鐘を鳴らした。 Golden Financial Cooperation MediaのIMEOSのニュースより引用