16社の政府が許可した暗号化通貨取引所により組成した新しい協会はすでに登録を完成した。該当組織は暗号化通貨取引所の自律ルールの設立に専念し、自己管理監督に遵守しない暗号化通貨取引所のメンバーを調査、制裁する権利がある。

 新しい暗号化通貨協会

 日本現地のメディアの報道によると、一つの新しい暗号化通貨協会はすでに日本金融局(FSA)にて登録を完成し、この協会は16社のFSAの許可を得た暗号化通貨取引所により組成されている。

 日本Jiji Pressの報道によると、この日本バーチャル通貨取引所協会(JVCEA)と呼ばれる協会は最近大会を開き、教会の主管を選挙した。

 該当団体は4月23日に行われる取締役会の会議で「Money Partners総裁のTaizen Okuyama氏を協会理事長として選挙しようと計画している」、その時、この協会は正式に成立する。

 ニュースメディアはこの新しい団体の言葉を引用して、彼らの目標は会員取引所の為にルールを制定し、一つの組織として、彼らは「メンバー企業を調査と追放する権力がある」と解釈した。

創始メンバー

 日本バーチャル通貨取引所協会の創始メンバーは16社の日本金融庁にて免許を取得した暗号化取引所を含める、それぞれは:

 日本暗号化通貨業界に現在二つの協会がある:日本ブロックチェーン協会(JBA)と日本暗号化通貨企業協会(JCBA)。前者はBitflyer CEOの Yuzo Kanoにリードされ、後者はMoney Partnersグループの総裁にリードされている。

 ニュース報道によると、この新しい協会は同時にJBAとJCBAのメンバーであり、この二つの協会は引き続き運営する。一部の暗号化通貨取引時は同時にこの二つの協会のメンバーである、例えばGMO CoinとCoineck。

 この新しい協会の全てのメンバーは何れもFSAが許可した取引所であり、但しJBAとJCBAのメンバーに「認定された取引業者」も含まれている。これらの取引所は現在FSAの認定を申請している最中だが、すでにFSA経営許可を取得している暗号化通貨取引所も含まれている。そのうち今年1月にハッカーに侵入されたCoineckもこの類別に該当する。

 FSAは現在「認定取引業者」に対する規定を強化している。日本麗沢大学のMasashi Nakajima氏はFSA研究チームに参与し、彼は大半のユーザーがCoineckに免許がないことが知らないと指摘した。「私は一つの一目瞭然のメカニズムを設立しようと請願して、あれらの暗号化通貨取引所が未だに免許を取得していないと示したい、例えば、直接該当取引所のホームページで標記するなど。」