日本金融サービス大手のMonexグループとSBIグループはすでに重大な暗号化通貨公告を発表した、該当国の取引プラットフォーム間の競争が再度激しくなったからである。

 最近Coincheck取引プラットフォームを買収したMonexは、Coincheckが激動した財政は実際年間で5,700万ドルの利益も実現したと述べた。今年の1月に巨大な攻撃に遭遇したが、依然として不満なCoincheckの顧客が財務弁償の法廷案件を求めている。

 Business Insiderに基づいて、日本企業のMonexチーフ執行官Oki Matsumotoは投資者に、「我々はすでに色んなケースを見た、我々の弁護士のよる保守的な予測では、最大の潜在支出が20億円(1,830万ドル)前後である」と披露した。

 Monexはさらに自分の専用ブロックチェーンプラットフォームと初期トークン製品(ICO)と利用して新たな暗号化通貨業務を開発する計画を発表した。

 それと同時に、SBIは今年の夏に自分のプラットフォームを最終的に解放すると示した。当社は発表を再三延期して、しかも4月26日の記者会見で、当社のチーフ執行官の吉北三喜Yoshitaka Kitao氏は発表時期の確定を拒絶した。但し、KitaoはSBIの先行きを非常に期待しており、それが国内市場ではすでに非常に繁忙である。

 Kitaoは記者に、「我々がこのプラットフォームを打ち上げた時に、それは瞬間でトップの取引所になる。これこそは我々がなぜ時間を使って安全なシステム、同時に大量な顧客が処理できる安全システムを構築した原因である。」と披露した。

 今週、SBIはすでに本部がニューヨークにある金融科技会社Templumと「戦略投資」を行ったと確認した、当社はICOに一つの管理監督のプラットフォームを運営している。