BIP141がずっとマイナー陣営に反対されていたので、SegWitのグレードアップを推進するために、2017年3月、自称Shaolinfryという匿名のコミュニティメンバーは、ビットコインネットワークをグレードアップして変更するかどうかの決定権をマイナーからユーザー、取引所、支払い処理業者などに移すように提案した。該当協議は元々計算力が決めていたロック信号をフルネットのノードが決めるようにした。該当方案は容量拡張問題の中に最も過激で最も争議がある提案だと言われていたが、coreチームの支持を得た。同月、AntPoolはBitcoin Unlimitedを支持し始めた。

 3月31日、Rootstockスマート契約安全専門家であるSergio Demian lernerはツイターを通じて、「Segwit2MB」という間を取った改善方案を提案し、Segwet軟性分岐と2MB硬性分岐を合併してアクティブするのを主張した。このようなふざけた方案はたくさんの罵声を浴びた、互換性の方案はもっと複雑で、コードの安全性を審査するためにもっと長い時間が必要だからである。

マイナーたちの一方的な協議:Segwit2x

 香港協議事件を経て、中国マイナーはcoreに対して信用を失ったが、容量拡張はどうしても解決しないといけない問題である。なので、2017年5月、皆はニューヨークで改めて容量拡張大会を開いた。今回彼らは、coreを除外するように決めた。会議にはBarry Silbert傘下のデジタル通貨グループ(DCG)と大型マイニングプール運営業者ビットメイン(Bitmian)などを含めた57社の企業が出席した。情報によると、coreチームの人が会場へ乱入しようとしたが、安保に止められたそうである。会議に参加した企業はニューヨークコンセンサスを調印して、スフネットの80%以上の計算力支持を得た。

 ニューヨークコンセンサスの成果ことはSegwit2xであり、つまり前文で説明したSegwit2MBのリバイバルである。その後blockstreamの支持者であるJames HilliardにBIP91プロトコルとしてパッケージングされた。これはBIP141(coreが支持、マイナーが反対)とBIP148(マイナーが支持、coreが反対)の合併方案である。BIP91プロトコルは8月1日までにSegwitをアクティブして、BIP148を互換し、それから3ヶ月以内にブロックチェーンを2Mまで拡張する硬性分岐を実現するように要求した。

 2017年6月、Jeff Garzikの支持の元でSegwit2x開発チームが成立し、alphaが発表された(その後すぐJeff Garzikはcoreチームから追放された)。同時にAntPoolはUAHF方案を発表し、その目的はcore開発チームが密かに支持しているBIP148がビットコインを分裂させる行為を取り除くことである。中国のマイナーもライトコイン基金会理事長PZの呼びかけで再度会議を開き、ニューヨークコンセンサスに対する支持を再度申し立て、早めにSegwit2xのアクティブを督促した。7月21日、Segwit2x方案は正式にアクティブされた。