2018年5月24日、中央財経大学と京東金融の協力契約式が行われ、双方は将来、専門的な人材を育成し、産学研究の転換効率を強化し、学術フォーラム、指導教官の相互雇用などの分野での協力を行い、データ科学を共同で育成し、知能認知などの方向を最適化すると宣言した。優勢相互補完、リソース共有、相互利益、共同開発を実現する。双方が連携して博士を育成した後の主要な方向は、データ科学、決定の最適化とインテリジェント認知工程について、9つの具体的な方向を下記の通り上げます。:消費者金融とサプライチェーン金融、企業データサービス、量子化投資とスマートフォン、大データインテリジェント募集とリスク制御、ブロックチェーンフロンティアとアプリケーション、人工知能と金融製品イノベーション、金融科学技術監督政策、デジタル経済統計と監視、データマイニング技術とスマートアルゴリズム。