EOSのコールバックに恐れる必要がない、コールバックはバイインの絶好のチャンスである、市場では、「次からEOSは高騰もしくは下落、横ばいの可能性もある」など、デタラメなことを言ってる人がいる。出て行けと怒鳴ってやりたいくらい。

 EOSはパワーを貯めている、ぶちぇけて言うけど、EOSは次から必ず上がる、あと一ヶ月でEOSは一回目のピークが迎えるから、期待しよう。

 今市場はもうBTCの顔色を見なくてもいい、EOSの顔色を見るようになった、去年トークン圏で活躍した人なら皆知っているが、市場の高騰は必ずBTCボスの顔色を見ないといけなかったが、今のEOSはその地位を取って代わろうとしているように見える。

 市場の全体的なコールバックは、私が期待していたことである。少し調整して、パワーと貯めないと、次の相場でもっと高く飛躍することができないのである。

 我々が山を登るときと同じ理屈で、一気に頂上まで上がれるわけがない、暫く登ってから、少し休んで、水を飲み、エネルギーを補充しないと、継続できない。世の中のことは相通している、何事もパワーを貯めて基礎を作らないといけない、一気に目標達成するのは到底無理がある。

 私が持っているEOSは、最低の時に103間になった、最高点の149間と比べると、差額は46間もある、なんと、五十パーセントに相当する、すげえ話だ、低価格の時にバイボトムする人がいるかしら。

 でも私が保証できるのは、今回のコールバックで突き落とされた人が必ずいる、これこそが「ニラ」の習慣だ。上がるときに買う、下がる時に売る、上がるほど追っ掛けて、下がるほど売る、元々は逆襲するチャンスがあったが、自分の「素晴らしい操作」でパーになった。

FSマイニングマシン方案はすでに決められた、突発事故がない限り、間もなく発表される。注文したい「ニラ」たちは急がなくてもいい、必ずあるから、方案が発表され次第、直接私の同僚とドッキングすればよい。

 また、昨日一人ファンの方が直接Weチャットをくれて、100台欲しいと。金持ちだなぁと嘆きながら、返す言葉がなかった。ここでは「ニラ」の皆さんに数十台百台と衝動買いをやめて欲しい。

 私のところから出回るマイニングマシンの価格パフォーマンスが優れており、裏書もあるが、分かって欲しいのは、どんな投資でもリスクがある、マイニングマシンを買えば必ず儲かるというわけではない、くれぐれもこのような考えをやめてもらいたい、私にはそんな責任が持てない。

 IPFSマイニングマシンが買いたい「ニラ」に誠意を持って説得したいのだが、買う前に、必ず真面目にIPFSというプロジェクトを理解して、確実にOKだと思えば、自分の経済実力に基づいてマイニングマシンを注文してもらえばよい。何でもショーハンドはやめて欲しい。

 五月は忙しくてチャレンジが満ちた日々が続くと思う、私はすでに興奮してたまらない。今月EOSwtz(王団長)全国会見会が間もなくスタート、我々はとりあえず六つの都市にした、今回の全国の旅は、恐らく半月掛かるので、時間が緊迫である。

 今月のスケジュールはほとんどいっぱいになっている。会社に30人いるが、全員は毎日のように残業して、一国も緩められない、もし我々がダッシュしなければ、市場に見捨てられる、この業界は必ずダッシュしないといけない。