経済日報の今日の文面によると、ブロックチェーンは一体転覆した発明であるかどうか、どのように転覆を理解する方法はあるのか、と述べた。百信銀行情報技術部の高級技師の辛子英によると、ブロックチェーンによる発想は次の協議革命をもたらす可能性がある。伝統的には、情報やデータが集中しているか、あるいは情報の壁を持っているので、大手企業が大きな優勢を占めており、中小企業や個人は弱勢にある。このような利点を弱めて、情報やデータの取得を公平にする可能性があります。