本体は、経済モデル及びインセンティブのメカニズムを発表し、ノードは、ハードウェアの投入とネットワークの権益によって、ブロックチェーン管理サービスを提供する資格を得て、ブロックチェーン管理サービスを提供することによって報われる。最初の3年で、本体ファンドは北斗の共有クラスタとして毎年少なくとも1%の追加のインセンティブを用意しており、3年後には、本体によって応用を広く調整する。インセンティブの本質は、北斗のためより一層のブロックチェーンサービスの向上のため、「ノード抵当インセンティブ」を設計する。小額のオンライン参加者は、他の参加者と共同で管理ノードを構築し、インセンティブの分配モードを共同で決定することができる。