CCNの報告によると、金融ジャーナルRisk.netは大手格付け機関の三社――S&Pグローバル・レーティング、ムーディーズ及びフィッチグループは皆ビットコイン先物取引市場の取引の増加について懸念を表明していると報道したという。これらの金融商品の取引量が次の数ヶ月で継続的に増加する場合、格付け機関はビットコイン先物を清算する銀行のランクを下げるかもしれないという。