ペンタ公共チェーン (PNT)が公式ウェブサイトでの公開された技術的なロードマップによると、1. ペンタネットワークが四つの柱で構成される。それぞれ、ペンタ DLOS(ブロック チェーン プラットフォームの技術的インフラストラクチャを提供する)、ペンタ チェーン (ペンタ ネットワークのメインチェーン、DSC 民主的合意の仕組みを採用している)、ペンタ Dapp プラットフォーム (高性能 Dapp オペレーティング ・ プラットフォーム)、ペンタ コネクタ (4層コネクタプロトコルアーキテクチャを構築する、チェーンとチェーン、チェーンとセンターのプラットフォーム、チェーンの上部と下部という3 つの主要な接続を実現する); 2. ペンタ テスティングネットワークは今年の第 4 四半期に開始される。ペンタ テスティングネットワークはペンタスマート契約エコシステムの最初のバーション及びPCウォレットを含む。テスティングネットワークがオンラインになるまでGitHubで、コードソースをオープンする;  3. ペンタネットワークはいくつかのバージョンで徐々発展を促進する。それぞれペンタ火星(ペンタ チェーンの最初の生産バージョン)、ペンタ木星 (DLOSのインフラストラクチャを構築する)、 ペンタ・サターン (多数チェーン型エコシステムを構築する)、ペンタ天王星(エンタープライズアプリケーション機能を強化し、企業がより便利にペンタネットワークに参加、使用できる。)である。『貨幣世界』のデータによると、PNTの現在のグローバル平均価格が0.0221 米ドル、上げ幅が11.31%であるという。