国による独自通貨の発行は、増加しつつある。計画段階で検証を行っているケースもあれば、ベネズエラのペトロのように国内の資源を担保としている国もある。

 

そして、フィリピンでも中央銀行による法定仮想通貨の発行を検討している。中央銀行によって、発行される仮想通貨は通常の仮想通貨と異なり、国が一定の価値を保証するのが前提だ。

 

 

・フィリピン発行の法定仮想通貨について

フィリピンが発行計画しているのは CBDC と呼ばれる法定仮想通貨だ。今のところ、通常の仮想通貨のように価値に流動性を持つものなのか、フィリピンの法定通貨と等価交換できるものなのかは不明だ。

 

しかし、フィリピンでは経済特区が設定されており、仮想通貨事業に関してフィリピンは非常に寛容的な姿勢を持っている。また、フィリピン国内においては、労働者が国際送金を行っている割合が高いため、市民の間で仮想通貨に対する期待値が非常に高まっている状態だ。

 

そのため、フィリピンで CBDC が発行された場合には、加速度的に CBDC が広まる可能性がある。もっとも、あくまでも仮想通貨であるため、様々な国々で議論されている仮想通貨のセキュリティは、大きな課題となるだろう。

 

・法定仮想通貨のメリット

法政仮想通貨の大きなメリットは、国として多くの人々から資金を集められることにある。また、フィリピン国内では、仮想通貨を使用することでキャッシュレスシステムが広く国民に浸透する可能性も有している。

 

加えて言えば、世界中の大手金融機関は、ブロックチェーン技術を採用しつつある。つまり、ブロックチェーンが互換性を持たなくてもあらゆる金融機関では送金における手数料が将来的に安価となると見ていいだろう。

 

あくまでも、フィリピンの法定仮想通貨は計画段階であり、分散型記帳のデータ処理能力さえも定かではない。しかし、フィリピンの仮想通貨に対する期待度から CBDC が実際に発行された場合には、フィリピンの仮想通貨市場に大きな影響を与えるはずだ。