360情報安全チームの分析によると、一部のイーサネットERC-20のインテリジェント契約には危険な脆弱性が存在し、攻撃者は任意のユーザーの代金を転送することができる。360インテリジェント契約分析プラットフォームには、BAI 、EDUなどの計7個の契約が存在する。360は世界最大のインターネット安全企業として、ブロックチェーン関連の安全解決案を提供することに力を入れております。