北京6月25日電(梁暁輝黄欽)暗号法草案は25日、13期全国人民代表大会常務委員会に初めて審議された。
草案は、いかなる組織または個人も他人の暗号化情報を盗み取ってはならず、他人の暗号保障システムに不法に侵入してはならず、暗号を利用して国家の安全、社会公共の利益、他人の合法的権益を損なう活動またはその他の違法犯罪活動に従事してはならないことを明確にしている。
暗号法草案のパスワードとは、特定の変換を用いて情報等を暗号化したり、安全に認証したりする製品、技術、サービスのことです。
パスワードの主な機能は二つあります。一つは暗号化保護、もう一つは安全認証です。
暗号法草案は総則に分かれており、核心パスワード、普通パスワード、商用暗号、法律責任、付則五章四十四条
一部の暗号領域の総合性、基礎性法律として、暗号法の立法過程において三つの原則を持つ。一つは核心暗号、普通パスワードと商用暗号に対して分類管理を行う原則を明確にすることである。
第二に、機能の転換と「放管服」の必要性と国の安全保障のバランスを重視することである。
第三に、草案とネットワーク安全法、国家秘密法などの関連法律の関係を守ることに注意します。
暗号業務の指導と管理体制について、草案は明確である。中国共産党の暗号業務に対する指導を堅持する。中央暗号工作指導機構は全国暗号業務に対して統一指導を実施し、国家暗号重大方針政策を制定し、国の暗号重大事項と重要な仕事を統一的に調整し、国家暗号法治建設を推し進める。
国家暗号管理部門は全国の暗号業務を管理する責任があります。県級以上の地方各級暗号管理部門は本行政区域の暗号業務を管理する責任があります。国家機関と暗号に関わる単位はその職責範囲内で本機関、本組織または本システムの暗号業務を担当します。
パスワードの分類管理原則について、草案は、パスワードをコアパスワード、一般パスワードと商用パスワードに分け、分類管理を行うことを明確にしている。
したがって、草案は暗号分類保護の原則要求を提出した。核心暗号、普通暗号は国家秘密情報を保護するために用いられ、核心暗号保護情報の最高機密級は極秘級であり、普通暗号保護情報の最高機密級は機密級である。
商用暗号は国家の秘密に属さない情報を保護するために使用されます。公民、法人及びその他の組織は法により商用暗号を使用してネットと情報の安全を保護することができます。
また、草案は法律責任を規定しています。
(完)出所:中国新聞網の作者:梁暁輝黄玉欽