米コインベースは8日早朝、イーサリアムクラシックが51%攻撃を受けていると報告した。しかし、公式の開発者たちはこれを否定。国内の取引所は被害を懸念し、一時入出金を停止するなどの処置をとっている。


イーサリアムクラシックが51%攻撃の被害?被害の全貌は時間の経過が必要

コインベースは8日早朝、イーサリアムクラシックが51%攻撃を受けているとツイッター上で報告。同時に同通貨の入出金を停止したことを発表した。また、マイニングプールの「イーサチェーン」はイーサリアムクラシックへの51%攻撃が成功したとツイッター上で発表している。しかし、公式の開発者達はこれらの報道を否定。イーサチェーンが発表した内容は、マイニング機器である400/Mh ethashのテストの結果だと主張した。ただその後、開発者たちは各取引所にブロックの確認や進行具合の要請をしており、8日夜の時点で明確な事件の全貌はみえてこない。51%攻撃とは、ある特定のグループがハッシュレートの51%を意図的に支配することである。それにより、その通貨のネットワークを支配し、不正な取引が可能になるとされている。昨年は、ビットコインゴールド(BTG)や、ヴァージ (XVG)が被害を受けた。ビットコインやイーサリアムでも理論上、51%攻撃は可能であると言われているが、コストがかかるためにメリットはないと言われている。


国内の取引所は対応に追われる

事件は確定していないが、被害を懸念してイーサリアムクラシックの取り扱いがあるコインチェック、ビットフライヤーは一時的に入出金の停止を発表している。また、8日夜の時点で、出金開始のアナウンスはされてなく、両社とも安全性が確認でき次第再開するとし、明確な日時を明かしていない。ここからわかるのは、やはり取引所側も事件の全容をつかむのに時間がかかっているようだ。イーサリアムクラシックの開発者側から公式の見解が発表されない限り、被害の規模は計りかねる。明日以降も、関連する報道には注目だろう。