昨夜約12時頃、BTCは再び400米ドル近く下落し、最も低いポイントの6650 米ドルに達した後小幅にリバウンドし、現在6730 米ドル付近で上下動いていおり、すべての主要通貨が下落した。 1. デジタル通貨市場の時価総額は2935億米ドル、24時間の取引高が194億米ドルである。 2. BTC現在のグローバル平均価格が6760米ドル、3 つの主要取引所の中、Huobi.Proでの価格が6736米ドル、OKExでの価格が6727米ドル、Binanceでの価格が6719米ドルである。 3 『世界通貨』のデータによると、他の主流通貨のパフォーマンスは以下のようである: BCHの暫定価格が931米ドル(-9.68%)、ETCの暫定価格が12.61米ドル(-12.68%)、ETHの暫定価格が521米ドル(-8.42%)、LTCの暫定価格が106.9米ドル(-5.9%)である。 4.『世界通貨』のデータによると、市場価値トップ 20 の通貨がすべて下落したという。前三位下落したのはEOS(-21.42%)、ONT(-17.8%)、ETC(-16.52%)である。市場価値トップ100の通貨のうちVERI(+4.68%)以外はすべて下落し、前三位下落したのは:WICC(-30.62%)、CTXC(-24.41%)、CMT(-23.08%)である。 5.コンセプトプレート24時間データは社交通迅(+3.97%)以外すべて下落し、下落した前三位は:2018ワールドカップ(-18.36%)、コンテンツの著作権(-17.27%)、Dapp分散型(-17.24%)である。6.ビットコインCBOEの7月契約の最新オファーが6770米ドル、ビットコインCMEの6月契約の最新オファーが6750米ドルである。