IMEOSによると、グローバルBPは今晩のように会議を行い、インターネットを同期して進行していく。今晩からmeshingを開始して、10種のノードはIPアドレスとP2P端末を公表して、この時チェーンが凍結されます。後の進捗状況:1 .候補BPが種のノードに連なって、ブロックチェーンをネットに届けます。2 .種子ノードは、残りのネットワークを継続することで、検証を行う。3 . 6月10日21 : 00にビデオミーティングを開き、取引、投票機能を開くかどうかを決める。また、共同声明を発表し、このネットワークが利用できると発表した。4 .コイン保持者は投票してBPを選ぶ。5 . 15 %のEOSが投票に参加する。6 .コイン保持者はスーパーノードが選出した。7 .スーパーノードはメインネットワークの正式オンラインを宣言した。