日本経済新聞によると、三菱UFJフィナンシャル・グループは「モノネットワーク」の普及に伴い、小額決済資金が急増していることから、高速支払い処理システムが開発された。ブロックチェーン技術を使って、新しい支払い処理システムに従来のカード支払いシステムに比べて処理量は10倍以上になる。また、未来の日本では「現金なしの支払い」を行う場所や手段が増えてくるという。