ブロックチェーンプロジェクトはデジタル化の生物と同じである。我々は有機生命体はDNAの変化で生長、発展しているが、ブロックチェーンプロトコルなかれらのコードを買えることによって生長、発展している。生物の有機体と同じように、最もこの社会環境に適応しているブロックチェーンこそが生き残って最後に成功するブロックチェーンであり、彼らは現在のアリババ、テンセント、アマゾン、アップルとグーグルと同じように、市場価値が100倍、1,000倍に値上がりする。死んでいくブロックチェーンプロジェクトは最終的にゼロにリセットされるに間違いない(考えれば怖くなりませんか?)

 では、一つのブロックチェーンプロジェクトが完璧な進化発展を推進しているのは何なのか?分岐は一つの益々普遍的になる重要なメカニズムである。色んな方法を通じてトライを行い、いい分岐は確かに進化を加速することができる。だがお金を引く人たちは、歴史が必ず彼らを覚えて、最終的には子孫に唾棄される。

 分岐以外、実はもう一つ非常に重要な問題がある:あれらのブロックチェーン核心プロトコルの為に貢献した人は経済利益の激励が欠けている。ほとんど今の全ての主流ブロックチェーンプロジェクトは何れもこれらの激励措置が欠乏しており、彼らはみんな信仰で生きている。或いは激励があったとしても非常に少ない。これは将来のブロックチェーンプロジェクトにとって、非常にいいか発展するチャンスであるかもしれない。

 エテリアムを例として、エテリアムメインチェーンで運行しているプロジェクトが非常に多くて、たくさんのプログラマはその上でコードをプログラミングしている、しかしエテリアムメインチェーン自身で仕事している人数は極めて好く兄。これこそ問題の所在である、今は基礎施設を維持する人がいない、最終的に基礎施設に問題が起これば、その上のアプリケーションも巻き添えになる。根本的な問題は制度の問題、メカニズムの問題であり、問題は核心プロトコル作業に対する奨励金の激励が欠けているからである。