教育部高校生の司原司長、教育部高校卒業協会常務副会長の王熱江副会長はこのほど、産業と教育の融合、学校企業の協力精神と国務院19大解読に関するいくつかの要求について、人工知能、ブロックチェーンなどの技術的な新しい分野に合わせて、中国の職業教育を述べた。育成の方向について彼は、新しい学校企業の協力関係、政府の主導、政府の推進、業界指導の下で秩序が進んでいることを指摘し、革新型、国家の発展に必要な人材を育成するべきだと指摘した。