専門研究代理店 JPR は、今年グラフィックス市場シェアの第 1 四半期の発表によると、GPUの出荷が 3.4%増加し、うちデスクトップ グラフィックス カードが14%増加し、ノートが3% 減少した。アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)/エヌビディア(NV)の新カードがまだ登場していないため、第 1 四半期の出荷量が全体的10%と下落した。そのうち、AMDが6%、 Nvidiaが10%、インテルが11%と下落した。ブランドの出荷台数シェアにおいては、インテルが下落し、 Nvidiaが安定し、AMDが15% まで到達した、主な理由は、ワークステーションのプラットフォームで新商品が入り、マイニングに余地があることである。 昨年、Aic/aibは300万個のマイニング グラフィック カードの出荷に達成し、第 1 四半期で 170 万枚を販売した。マイニングには離散的ニーズがあるが、主流から離れるという。台湾のサプライ チェーンによると、第二四半期はGPU の出荷の新しい低ポイントとなるという。