入門編ブロックチェーンについて

 最近、ブロックチェーについての概念がホットワードになりつつある。しかし、ブロックチェーンとはそもそも何か?ブロックチェーン技術がどのように運営されるのか、なぜ多くの人々から絶賛を博したか。

細かい内容に関しては奥深い部分があるため、これを14の要点に分けブロックチェーン技術について解説をしていきたい。

 

1.    ブロックチェーン型

ブロックチェーンの基本的な定義としては「暗号化された分散型台帳技術」である。簡単に言えば、新しい情報記録技術で、「暗号」、「分散型」が基軸と立っている。

2.    現行のサーバー中央型

現在、データにおける記帳は「中央型」であった、例えば、銀行で1万円を貯金する場合、貯金のデータが銀行のデータベースに記録される、すなわち、記帳されるデータすべてが銀行サーバに置かれる形となる。この情報記録を「中央式記帳」と呼んでいる。

3.    サーバー中央型の欠点

中心型の基調は効率がよいが、問題がある。①中央型信頼度。例えば、銀行の記録が、不用意に訂正される可能性がある。②情報媒体における安全性。例えば、銀行のデータベースが何らかの理由で破損し、情報がなくなると、復元する方法がない。それに基づき、新しい方法である「分散型記帳」が構想された。

4.    分散型台帳

ブロックチェーンの「分散型台帳」とは、データがある中央サーバーに情報を記録させるのではなく、全ブロックチェーンネットのコンピューターに一度記録する仕組みである。例えば、あなたが一万円の振込を行うと、その情報は全ブロックチェーンネットのコンピューターに配信され、新たに生成された情報を記録するように促す、そのため一度記録された情報は書き換えることができなくなる。情報が各コンピューターに記録、保管されるので、「分散型台帳」と呼ばれている。

5.    ブロックチェーンについて

ブロックチェーンは、データを入力するごとに新たなブロックが生成される。このブロックはヘッドブロックとメインブロックの二つに分けられており、ブロックヘッドが前ブロックの情報を持っており、メインブロックが実際のデータを記録するようになっている。次のブロック情報が生成される際に、必ず前ブロックの情報から暗号計算される。

これにより、前ブロックと新たに生成されたブロックとの間に一致する数値を含むことによってブロックチェーンが形成されている。

6.    ブロックチェーン技術における安全性

ブロックチェーンにおける利点に、暗号による高い情報保護の安全性がある、ブロック内には前ブロックの暗号化された数値を含んでおり、いかなる情報改ざんがあっても暗号化された数値に対する変動が、ブロックチェーン全体に影響を及ぼすためである。この改ざん行為が全ブロックチェーンのデータに対し51%以上に及ばない限り不可能であり、単一で51%以上の改ざん行為を行うのは、ほぼ不可能といえる。

7.    トークン賞与

しかし、分散型台帳にも欠点はある。情報データの記録に時間が掛かる、そのデータを蓄積するための格納空間が必要になる。つまりブロックチェーン内の情報処理をするパソコンに対しての報酬システムがある。それがトークン(Token)である。例を挙げれば、マイニングによってトークンが賞与されるビットコインが一番典型的でありブロックチェーンにおける報酬システムの特徴の一つである。

8.    暗号数値の求め方と賞与について(ハッシュ値)

ブロックチェーンに関する賞与を具体的に解説すると、ビットコインを例に挙げれば、コンピューターはブロックチェーンネットに入ってる時点で、新たな情報を記録しブロックを生成するたびに、暗号計算をする必要がある。暗号計算内容はある特定の結果を満たす英数字求めるものである。誰かのコンピューターが先にその値を見つけることができると、一定数のビットコインを賞与として、取得することができる。まるでカジノのディーラーが合法的にテーブルからお金を自分のポケットに入れるのと同様である。こうして新たなビットコインが生成される。

9.    マイニング/マイナー

ブロックチェーンに関する「隠語」が普及している。例としてビットコインに、暗号計算することにより、特定の英数字を探し出すプロセスを「マイニング」と呼んでいる。このマイニングに使われる機材を「マイニングマシーン」と呼び、マイニングマシーンを操作する人間を「マイナー」と呼ぶ。

10.  草コイン(価値があるか怪しいコイン)

ネット上にはビットコイン以外にも様々なコインが存在するが、いずれもブロックチェーンの具体的な応用であり、大部分の場合ビットコインのまね事で、市場に認可される程度で価値がほとんどない場合が多く、扱うにはリスクがとても高い。

11.  ブロックチェーンによる第三者仲介

ブロックチェーンの作用に第三者による信用問題を解決できる要素がある、これは普段、社会において行われている電子決算に多くみられる。例えば電子決算はクレジットカードなどを使って決算を行うが、この中には消費者と販売者の間に仲介会社が入って一時的に支払いを立て替えて、消費者が後で支払い決算を行う仕組みである。しかし、ブロックチェーンであれば、全ブロックチェーンネットのコンピューターに高度に暗号化された改ざん不可のデータ記録があるため、仲介機関を必要とすることがない。この事は将来的に様々な仲介機関を不要の物とし、すべての取引をPoint to Poinにすることができ、社会の効率を大幅に向上させられる。

12.  これらをまとめると、現状では、情報安全、支払い振替、スマートコントラクトなどの分野において、ブロックチェーン技術は前衛が広いといえる。

13.  ブロックチェーンの欠点

ブロックチェーンにも欠点はある。同一の情報がネットの各ブロックチェーンに一度記録される必要があり、これの効率に対して多くの時間を浪費を引き起こす。、なおかつ、参加する人間が多ければ記録しなければならない情報は多くなりブロックチェーンに関する応用コストが高くなってしまう。

14.  Ma Huateng氏のブロックチェーンに関するコメント

ブロックチェーンへの評価は以下のとおりである。ブロックチェーンの技術は革新的であるが、そのアプリケーションに関しては注意が必要です。もしICOができると、勝手に貨幣を発行出来てしまうので、大きなリスクと規制上の問題があります。私たちは積極的にアプリケーションのブロックチェーンにおける様々な場面を探索するが、発展途上にある。ビジネスにおけるルールを理解する人間こそ、「チャンス」と「落とし穴」を識別する能力を持っていることでしょう。