しかし、これはあくまでも幅広い認知を得ていない慌しい協議であるので、一年間も継続できなかったうちに、Bitcoin Classicはコミュニティに捨てられた。2017年11月、Bitcoin Classic開発チームはこのプロジェクトを放棄して、コードを更新しないと発表した。「トークン圏の一日は、世間の一年」という時空理論に基づくと、一年間以上の時間は充分長い、Bitcoin Classicが捨てられるのもダーウィンの自然選択を経歴していて、決して最後ではない。

団結のイリュージョン:香港平和協議

 マイアミでは、マイナーとcore開発チームはビットコイン及びコミュニティの統一を維持するために同じ陣営に立った、その時彼らには共同の敵Bitcoin Classicがいたからである。Bitcoin Classicが振り向けもせずに分離した後、ビットコインは果たして如何に容量拡張するかを決めるのはマイナーとcore開発チームしか残っていなかった。2016年2月20日、core開発チームの代表とマイナーは香港デジタルハーバーで再度会議を開き、容量拡張の方案を検討した。

 会議は20日から21日の早朝三時半まで続き、最終的に双方は協議を達成し、歴史上は「ビットコイン円卓会議に達成して容量拡張に関するコンセンサス」と呼ばれた。協議の最大の成果は、coreは2Mまで硬性分岐することをcoreのフレームに導入するのを同意した、交換として、中国マイナーもcoreが開発したビットコインプログラムしか運行せず、Bitcoin Classicと決裂することに合意。

 当時の人々はこれが団結的な大会で、成功した大会だと思っていたが、実際、これはまるで1945年国民党と共産党の重慶交渉のリバイバルであった:coreの香港協議の代表が戻った後、開発チームのほかのメンバーが協議の内容に対して不満があり、最終的に香港コンセンサスの執行を拒否した。

 コミュニティは大騒ぎになって、分裂は避けられない状況に至った。

コミュニティの分裂

 2016年10月、フルネット計算力の10%を占めるViaBTCは真っ先にBitcoin Unlimited(BU)を配置した、BUにも一つの開発チームがあり、しかもcoreチームと対抗した。11月、Bitcoin.com、BTC.top、CANOEの三軒のマイニングプールはBitcoin Unlimitedを配置して、公開でcore開発チームと決裂した。それと同時に、core開発チームはSegwetコードを発表し、11月19日から投票をスタートした。しかしこの時に双方ともコミュニティの絶対的な支持が得られていなかった。