5月中旬、日本本土のデジタル通貨の萌奈コイン(MONA)がしばしば攻撃されたことについて、日本ブロックチェーン促進協会(BCCC)は6月1日に緊急説明会を開き、今回の攻撃について詳しく説明し、対応策を提出した。この攻撃の原因について、BCCC杉井靖典副代表理事は「ハッシュの値が低いデジタル通貨には潜在的なリスクがあり、powメカニズムは51 %の攻撃の可能性があり、取引所はデュアル攻撃を受けやすい」と指摘している。このため、個人は、このような攻撃を避けるために、ユーザーがKYCを厳格に実行することを選択する必要があると指摘し、他人の振替を受けるときに金額、ハッシュの値、相手の信用を結びつけて、できるだけ詳しく確認します。長期的に見て、契約を改善する必要があります。「貨幣世界」相場によると、MONA現価格は3.36ドルで、24時間の下落幅は0.51 %だった。