5月26日、Kcashが主催した EOS スーパー ノードの1 対1の対談では、Helloeosの創始者 Zi Cenは HelloEOSの早期入市がアドバンテージであると述べた。彼は EOS ノードのためのキャンペーンでは年功序列はないと主張する。 また、チームはEOS生態系の出力をまだ完了していない、未来への長い道のりがある。 彼は、キャンペーンで勝つためオーバー テイクするのではなく、マラソンのように引き続き歩んでいく必要があると感じた。