たくさんの時に、暗号化通貨との文字が非常に誤解されやすい、しかもそれは各トークンが技術上、激励校正と構造上の区別を明確に区別することがない。暗号化通貨の文字に一部のトークンの特質に対する定義を伝達した時、例えば価値の維持と取引財産の方式の時に、暗号化通貨との文字は自身の意義を失い、その他のトークン間の些細な差別を掴む能力がなくなるのである。

 現実生活の中で、たくさんの色んな暗号化通貨の種類がある(これらの種類は更に細分化できるが、これも大まかな分類にすぎない):

1.通貨式暗号化通貨:この類別は最も人々に熟知されている暗号化通貨である。ビットコインのように、主に一つの価値保存、取引方式、アカウント単位として存在する。伝統の法定通貨であるドルやユーロなどと同じように、ビットコインは一つの商品或いは入力方式として、それ自身に限られた固有価値がある、人々がそれに価値を与えたのである。

 2.アプリケーション式暗号化通貨:このような通貨は通常新しいものの生成を代表する。これらの通貨は一つの色んな方向での発展が行える基礎空間を創造した。例えばエテリアムは開放者がその上でスマート契約のドライバーアプリケーションの作成を許可しているのと同じである。Filecoinはもう一種の実用性暗号化通貨であり、脱中心化の保存ネットワークを構築し、開発者にデータを保存と読み取る新しい方式を提供した。

 3.APP/プラットフォーム式暗号化通貨:これらの通貨はアプリケーション式暗号化通貨を基礎に設立された暗号化通貨である。例えばAugur。0xもエテリアムを基礎に作成した脱中心化取引所である。

通貨式暗号化通貨

 ビットコインはこの種類の創始者である、しかし益々多くのトークンはビットコインが各方面における不足を解決しようとしている。例えば拡張性とプラバシーの方面。

 拡張性:ビットコイン取引の拡張性が1Mのブロックサイズとブロックを作成するのに必要な十分間に制限され、このネットワークが毎秒3.3-7個の取引しか処理することができない。価値保存としての存在に争議があるかもしれないが、取引の拡張性は全ての暗号化通貨にとっても極めて重要である。色んな分岐がベースプロトコルにとって何れも変化であり、これはすでにビットコインネットワークの拡張性に取り上げられている。一部のほかの代替性がある暗号化通貨もビットコインの拡張性問題を改善するために創造された:

 1. Litecoin:ライトコインは固定した2.5分の認証周期とビットコインの4倍のもっと大きい供給量を使用してマイニングの競争と取引費用を減らそうと試みている。