ブロックチェーン技術は先進的な技術の1つであり、個人情報の認証や不動産などの契約、事務処理などの簡略化などがメリットとして挙げられている。しかし、ブロックチェーン技術を駆使している企業はさほど多くないという調査結果が4月9日2発表された。

 

また、この調査は約9万人の開発者に対して行われたものであり、調査対象者がどのような人物なのかまでは不明であるものの、一定の基準として評価することは可能だろう。

 

例えば、国としてブロックチェーン技術を推進していくと述べた韓国などではブロックチェーン技術に対する理解度は高いと言える。中国においてもブロックチェーン技術には興味を示しており、技術的な問題が解決された場合、政府機能としてブロックチェーンを使用することを示唆している状況だ。

 

調査結果によれば、12.7%は仮想通貨を利用せずともアプリケーションでブロックチェーン技術を使用していると答えていた。ちなみに、この回答者の仲ではインドの開発者がブロックチェーン技術を利用していると答えたものが多かった。

 

インドに関して言えばブロックチェーン技術の前に仮想通貨の大々的な利用を中央銀行が規制している。金融機関における口座を持たせないといった措置は仮想通貨を歓迎しているという言えないだろう。

 

また、ブロックチェーン技術監しては可能性があるとしつつも実際に機能として通過することはないと見込んでいる研究者は非常に多かった。ただの流行と考えている研究者も17%近くおり、仮想通貨の現状の厳しさを表す数字だと言える状況だ。

 

ブロックチェーン技術の開発が最先端ではないものの、従来のシステムに対して大きな変革を及ぼす可能性はある。もちろん、そういった可能性を見ている研究者もいるものの、現状はブロックチェーン技術によって大きな変革が起きた事例が少ない。今後ブロックチェーン技術が研究されていった場合でも、ブロックチェーン技術を優先して研究する研究者は現れにくいだろう。

 

もっとも、研究者と投資家などの間ではその展望に対してカーリーがあるため、企業においても実際研究を進めているものの発表していないといったパターンもあり得る。そのため、今後のブロックチェーン技術の応用に関して、発展していく可能性は十分にあると言える。