小売大手ウォルマートは、このほど、ブロックチェーン技術に基づく電網効率管理システムの特許を獲得した。ウォルマートは昨年12月に特許を申請した。昨日、アメリカの特許商標局(USPTO)が特許を取得したことを発表しました。ウォルマートのこのシステムの用途は、大規模な組織の中で、住宅、企業、学校のように配置することができ、全体のネットワークはエネルギー消費の分布式の帳簿を構成しており、各デバイスは、残りの電気がビットコインまたはその他の仮想通貨の取得に貢献できるようにすることができる。