ResearchAndMarkets公式サイトの報告によると、グローバルブロックチェーンアイデンティティ管理市場が成長すると2018年の9040万ドルから2023年の19億299万ドルに達し、予測期間内の複合年の成長率は84.5 %になることが報告された。市場を推進する主要な要因は、全世界で既存モードの安全性に対する懸念が増加し、業界の垂直領域は、ブロックチェーンのアイデンティティの解決案と独立アイデンティティ管理の需要が日増しに増加し、高い取引速度と不変性を通じて業務機能を合理化する。また、リスク投資資金の増加により、新興企業が市場スペースに進出している数が増えていることや、各国の政府は、ブロックチェーン技術の規制に集中しており、アジア太平洋地域は上記の予測期間の増加率が高いと予想されています。アジア太平洋の主要な国金融センターと政府組織は、ブロックチェーンのアイデンティティ管理ソリューションを採用するために多くの機会を提供しています。しかし、統一的な規制基準が欠けているため、規制環境の不明朗やユーザーの真実性に対する懸念が、地域市場の発展を阻害する可能性がある。