共有キーとプライバシーキーのペア:暗号学の基礎

 

共有キーとプライバシーキーのペアはブロックチェンに使われた暗号学の基礎だ。共有キーとプライバシーキーのペアは二つの部分を含んでいる:共有キーとプライバシーキーだ。この二つのシークレットキーはただ特定な数学関係のある大整数で、暗号とアカウントの替わりに使われたものだ。あなたがお名前なたはアカウンタを持っているように共有キーを持ち:あなたはいかなる請求者に自分の共有キーをシャアすることができる。それに対して、その共有キーを入手した人はあなたをクウォークや連絡することができる。それはあなたの名声(あるいは、ビットコインの取引歴史)とバイディングされたので、胃あなたはいくつかの違っているところに使用する共有キー(それで複数の共有キーとプライバシーキーがある)を持つかもしれない。共有キーはアカウントをクウォークやチェックするのに使うのに、しかし、そのアカウントをオペレートをスロことができない。

 

プライバシーキーは暗号のようなはずだ:誰にもシャアしなく、あるオペレーションの検証に使い、例えば、BTC(ビットコイン)を送り出すことだ。

 

しかし、プライバシーキーと暗号との間では重要な差がある。暗号を使う場合、それを人あるいはサーバーに送って検証するはずだ。なので、暗号が送られた後、しっかりと取り扱われると信じないといかない。それに対して、プライバシーキーを使う場合、だれにも送らないまま身分を証明することもできる。それがメモリされた、または、直接に使われた唯一なところはあなたのローカル設備しかない。

 

その点はずいぶん重要なのは、だれにもプライバシーメッセジーを送信しないまま身分を証明することができるとすれば、その安全性——他のシステムのセキュリティホールの影響を受けないように、を完全にハンドルすることが保証できる。それはビットコインの揺るぎのない重要な一部だ。ビットコインそのものはアタッカーに漏れやすい暗号いぇプライバシーケーをメモリしていない、それでもユーザーは取引を検証することができる。

 

しかし、だれにもプライバシーキーを送信したことがなかったら、どのようにプライバシーキーを使って取引を検証するのか?答えは、プライバシーキーと共有キーとの間での数学関係委にかかわっている:デジタル署名。