9日、GMOインターネットは日本円と連動したステーブルコイン「GMO Japanese Yen(GJY)」をアジア地域で発行することを発表した。CEO、熊谷正寿氏は「日本円版テザーにしたい」とコインテレグラフ・ジャパンに対し意気込みを語っている。


GMOがステーブルコインの発行へ

GMOは2019年内にも、GMOインターネットグループの海外戦略における統一ブランド「Z.com」を通じ、「GMO Japanese Yen(GJY)」を発行する意向を発表した。なお、具体的な発行地域や取引所での取り扱いは現時点で明らかにされていない。GJYはカレンシーボード制を採用し、発行量と同量の円を保有することで、その価値を担保するステーブルコインになるという。現在、テザー社が発行し、ドルに価値が裏付けられている「テザー」と同様の制度だ。


ステーブルコインの動向

法定通貨と価値が同等な仮想通貨は「ステーブルコイン」と呼ばれる。ステーブルコインは、仮想通貨の激しいボラティリティーを解決する期待があり、業界でもその動向が注目されている。一方、世界でもっとも流通しているステーブルコイン「テザー」は、発行量と同等のドルを保有していないとの指摘が米国であり、議論にもなっている。下記が公式プレスからの引用である。

「日本円に担保された『円ペッグ通貨』は、高い信用力と仮想通貨ならではの送金における手数料の安さとスピードを兼ね備えた理想的な通貨となる可能性が高いと考えています。 GMOインターネットは、『円ペッグ通貨』を発行することにより、信用力のあるボーダレスな取引を支援してまいります。」

出典:https://www.gmo.jp/news/article/6177/


GMOは業界の先駆けとなれるか

GMOグループは、取引所サービスの他に、マイニング事業も積極的に展開。今年に入り、既存の国内大手企業が仮想通貨業界に参入するなかで奮闘している。まだ詳細なサービス内容は発表されていないが、ステーブルコイン自体には大きな期待がある。まず、最初の課題は、米国で議論されているように、発行に関する透明性の確保だろう。国内初の円連動型ステーブルコインの発行で、GMOがさらなる躍進をみせるか注目である。