韓国では100回以上の仮想通貨取引が行われていますが、韓国ではすべての取引所内において、実際に実名を使用している割合は約30%程度です。韓国の金融当局が仮想通貨取引において実名制を推進してから100日以上経った今、銀行は大規模な取引所が実名制を推奨を提供することのみを選択していたため、中小規模の取引所には実名制度が導入されていない。韓国の報道関係者は、当局が実名制度を効果的に実施することができず、韓国での違法取引につながると指摘した。 銀行の関係者は、金融規制当局はこの問題を解決するために取り組んでいるが、新しい暗号化交換が急速に拡大しており、暗号化市場が乱雑になっていると語った。 Bitcoinより引用