企業家のマーククバン(Mark Cuban)は近日、ビットコインがバブルに直面していると示した。しかし、,DMH&CO CEO兼Monkey Capital共同創始者のデニールハリソン(Daniel M. Harrison)は、ビットコインとエテリアム(Ethereum)の市場影響力の増加により、このような状況(バブル)は存在する可能性がないと暴露した。

 市場の両極性

 デジタルバブルが存在する可能性がない主要要素は、市場の両極性である。市場両極性とは何なのかが分からない人がたくさんいる、だが、その中からいくつかの重要で及び理解しやすいポイントが取り上げられる。明らかに、市場両極性は直接ジョージソロス(George Soros)が提示した「再帰理論」に影響されている。

 Sorosが述べたように、市場状況はバランスに影響されない。逆に、それらは二つの機能:認知と操縦機能が同期した後の「反映である」。認知機能は一つの中性的な思想基礎であり、つまり経済参与者が事実を評価する根拠である。

 一方、操縦機能は一つ或いは複数の事実を転化し、その旨は利益を獲得することである。認知思想が操縦思想に影響されると、中立性が違う観点に「描かれ」、最終的に操縦される事実になる。

 そのため、市場は経済の全局ではなく、参与者の観点と角度を反映した。

 このような状況は下記二種類の方式で示すことができる:

 操縦認知=再帰性

 操縦+認知=バランス

 上記の等式は一つの操縦性的な思惟モードはよく見られる限界であることを証明しているが、認知機能を代表しているわけではない。全ての市場の再帰性はビットコインとエテリアムがデジタルバブルではないとはっきり証明している。

 人工VS天然

 更に重要なのは、エテリアムとビットコイン市場が二つの思想に影響されている:人工的と天然的。人工的思想はブロックチェーン人工スマート(AI)と関係があり、天然的思想は人的関与を示している。多くの専門家はブロックチェーンが一つの「経済思惟」を採用していると認識している。

 もし市場中の操縦と認知参与者が突然合併すれば、最終的に再帰性或いは良性のフィードバック循環を齎す。そうなると、デジタル市場は再帰性或いは再帰状態に制約される。これは一つの自己維持の状態であり、長年持続することができる。

 注意すべきのは、人工的思想は再帰性がある助燃剤である。AI(ブロックチェーン)があれば、デジタル市場は繁栄に発展し続けられ、最終的にはビットコインと得たりアム価格の波動性を齎す。市場の両極性は変わらない。

 市場の両極性があれば、あらゆるデジタルバブルも存在しない。全体のブロックチェーンシステムは永遠に原点に戻ることがなく、持続的に発展するのである。そして価格決めは特定の基礎を保った前提で経済要素の影響を受ける。

 イノベーション或いはそれが複数の領域における応用はブロックチェーン技術の強靭性と「バブル」の中で生き残る能力を構築するもう一つの重要な要素でもある。