Tokenの意義を解読すれば、ブロックチェーンを研究する鍵を掴むことになる。

 現在Tokenに対して共通している理解はそれを「流通可能な権益証明証憑」、略称「通証」、として視することである。この定義は比較的に精確で、しかも徐々に人々に認められているが、領域外の人はさほど熟知していない。それにToken事態の存在メカニズムみの依然として大きな争議がある。

 本文はTokenとブロックチェーンの関係から着手して、Tokenが形成するプロセス、Tokenの価値源、Tokenと株式の関係などの問題について分析を行う。

一、Tokenとブロックチェーンの関係及びその定義

 ブロックチェーン技術は二種類の情報を改竄不可で保存することができる:一つは各種資源(資産)状態の情報を説明、定義する。例えば一人の信用記録、商品、不動産、文学作品など;もう一つは資産取引過程中の情報を説明する。全体から言えば:

 1、Tokenは取引があるブロックチェーンプロジェクトだけに必然として存在し、しかも取引の基本単位とされている。

 2、Tokenを所有すれば、ブロックチェーン上の某資源の請求権を持つのと同等する。例えばbtc Tokenを持てば、btcを振り込む権利を持つことと同等する。Eth Tokenを持てば、ethを振り込む或いは取引費用の支払いスマート契約を作成する権利を持つことと同等する。Eos tokenを持てば、投票権を持つことと同等し、ある程度の量の計算、保存、帯域幅資源をしようする権利がある。

 3、個別ケース分析の角度から、第一類の情報のみを保存するプロジェクトが存在する、例えば伝統的なインターネット、銀行、政府が国際貿易、商品遡源、公証におけるアプリケーション。これらのプロジェクトで使用しなくてもよくて、Tokenを使用する必要もないが、ブロックチェーン経済の全体から見ると、二種類の情報がどれか一つも欠けてはいけない。なので、ブロックチェーンとtokenは共生関係である。

 

*注:BitcoinのUTXOモデルは具体的なレベルに取引歴史しかなくて、口座の残高がないようにしたが、抽象的から見ると、Bitcoinは依然として残高と取引記録の二種類の情報がある。

 二、Tokenの形成

 取引(或いは価値の移転)に関連するブロックチェーンプロジェクトの中で、取引情報は改竄不可性と公開性の為に、情報自身は第三者の監督が必要ない条件で価値伝送の意義があった。下記のようにケースで説明する:

 「AliceがBobのお花をあげる」、は一通の文字情報である。

 ブロックチェーンではない環境の中で、フェイスツーフェイスの取引にしか、この言葉に価値伝送の意義がない。その理由は取引双方がこの言葉の執行状況に対して面と向かって澄ますことができる。しかし仲介監督がない状況で、Aliceは面と向かわずにBobにこの言葉を言っても、Aleceがいつでもその内容を否認或いは改竄することができるので、この言葉には価値移転の作用がない。

 ブロックチェーン環境では、全ての参与者が情報を発送する前にまず二点のコンセンサスを達成しないといけない:1、情報の代表意義に対するコンセンサス、例えば上記文字情報の中で、花の種類、花を配送する時限など(例を挙げるのにオフラインの実体に関係するので、討論を簡単にするため、オンラインとオフラインのデータに完全に信用可能な予測マシンのサポートがあり、何れも改竄不可の真実情報であると仮設する)。2、もし第一条を違反した後の懲罰措置、例えば信用の控除、金銭的な処罰、ひいては不誠実者を永遠に排除するなど。