スマート契約を依託とする2.0時代

 AさんはBさんの家が買いたくて、Bさんにその旨を伝えた。BさんはAさんに、家がまだ貸し出し段階にあり、住客の入居期限が残り2ヶ月なので、即刻の取引ができないと告げた。しかし二ヵ月後、Aさんは海外出張で、Bさんと面会して家の所有権の譲渡手続きができない。(世の中このような偶然が多い…)

 ではこの取引はどうすれば成立できるのか?彼らは相談した後、エテリアムで一つの不動産譲渡のスマート契約を設立して、二ヵ月後に、住客の賃借契約の履行が完了後に、Aさんは家の代金をBさんに所属するウォレットに振り込めば、Bさんの家の所有権が即刻にAさんの名義に譲渡されると約束した。

 ここにあるスマート契約は自動的に一つの家の売買に関する契約を執行した。現実の中で、もし家の売買契約を設立して履行するために、AさんとBさんはオフライン或いはオンラインで契約を締結した後に、必ず登録機関に行って各種証明情報を提供して所有権の引継ぎの手続きをしないといけない、しかもその手続きに通常かなりの日数が掛かる。

 この中では、家の所有権取引に参与する双方と賃借側は該当取引行為においえる特定対象である、取引行為は家の所有権に移行行為であり、特定標的こそは家の所有権である。

 2.0時代のスマート契約技術はユーザーの現実生活に実現する場面はこのようである、便利で、知能的のではないだろうか?

 現段階では、参与の規模とアプリケーションが所属する領域の局限性により、ブロックチェーン2.0時代の要素は、主に下記特徴がある:主に特定対象(例えば契約双方)に集中している;取引は主に特定資産を標的とする(例えば不動産、知的財産所有権、自動車などの所有権或いはその他の権益);取引範囲が限られている、頻度が低くて領域が狭い。

 エテリアムを代表とする2.0時代では、スマート契約の技術を加入することによって、たくさんの通貨を超えたブロックチェーンアプリケーションが派生された。つまりエテリアムは一つのプログラミング可能で、チューリングが完備したブロックチェーンを設立した。簡単に言えば、あらゆる人がブロックチェーン技術を通じて脱中心化のアプリケーションを設立、運行することを許可することである。

 2010年、中本聡は彼のブロックチェーン設計が下記場面に応用されることを仮設した:

依託支払いサービス

第三者仲裁

多方面のサインが必要な契約

 

 分かりやすく言えば、スマート契約を通じて設立された契約は同時に二つの機能を兼備している:一つは現実で生成される契約;もう一つは第三者の必要がなく、脱中心化で、行動力が超強くて公正的な執行者である。