元テレグラム(Telegram)の特別プロジェクトディレクターのアントン・ローゼンバーグ氏は、ブロックチェーンの新興企業がトークン価格を安定させるためのデジタル通貨取引プラットフォームを構築した。ミカド(Mikado)と名付けられたプラットフォームは、暗号デリバティブの取引プラットホームであり、ICOを計画しているが公募の開始後、初期の投資家の売却によるクラッシュを回避するため、解決方法を提供するプラットホームである。