以上をまとめると、ETHとEOSはすでに他の共有チェーンを遥かに引き離した。この二者で、どちらが共有チェーンの王者なのか、今のところまだ判断できない、二者はすでに市場で数回の真っ向勝負を行ったが、お互い勝敗があり、何れも優勢がある。現在の情況はETHが先手を握っており、EOSが競争しようと思えば、自信のメインネットワークがオンラインした後でしか、同じスタートラインに立つことができないのである。個人的には二者が共存し、ETHとEOSの二つの共有チェーンが舵を取り、他の共有チェーンお互い競争する局面が現われる確率が高いと思う。しかし現在のブロックチェーンの市場容量にはそんなにたくさんの共有チェーンの必要がないので、多くの共有チェーンは今回の競争で色んな原因で沈没し、最終的に生き残れるのは優勢トークンしかない。共有チェーンの争いが終わった後(1-2年後)、競争の局面も基本的に安定して、強者が益々強くなり、これからは新しい共有チェーントークンが現われることもなくなる。皆は各種DAPP生態アプリケーションに注目するかと思われる。

 なので最近のETHが強気でトークン価格が高騰し、EOSが弱気を見せて、調整する局面が理解に苦しむこともない、二者間にはある程度の関連性があり、しかもマイナス関連である。EOSはもう数日も調整しているから、ディーラーが逃げたのではないか、このトークンはもう終わりではないかと聞いている人がたくさんいる。でも私はそう思わない、一つのトークンに価値と長い将来があるかどうかを見極めるには、短時間の価格の騰落で判断するのではなく、背後のロジックを見ないといけない。EOSはこの数日確かに放圧が存在するが、あくまで主には短期収益を目当てにしている遊休資本及びその流れに乗っている零細口座の売り出しと、利益が確保できた資金の逃げ出しである。一方、本当にノードを参選する人にとって、メインネットワークがまだオンラインもしていなくて、さんざん苦労して、大騒ぎを起こすまで宣伝して、成功する寸前なのに、諦めるわけがない。彼らは絶対に私たちより目が長い、メインネットワークのオンラインとノード選挙後の生態利益は、今撤退するによる収益が比べられるものではない。なので、彼らは絶対に行動しない、行動しようとしてもメインネットワークがオンラインした後のノード選挙の途中で、売り出しによってトークン価格に影響が現われるかもしれないが、それでもその影響が限られている。個人的にはやはりEOSの将来の発展を期待している。