アフリカは、仮想通貨市場として伸び代のある地域であり、実際に Binance などの太田仮想通貨取引所もアフリカへの進出を計画している。

 

また、アフリカは、発展途上国が多く自国の法定通貨に対する信用度が著しく低い場合もあり、仮想通貨が浸透しやすいと予想される状況だ。

 

そして、SBIのグループ会社であるSBI Remitと軽ニアのブロックチェーン会社であるBitPesaが提携を行った。

 

・SBI RemitとBitPesaの提携について

SBI Remitは日本の送金サービスであり、アフリカと日本の送金システムに対する優位性を確保するためにBitPesaと提携したと考えられる。また、BitPesaは現時点でも非常に多くの国と取引を行っており、SBI Remitとの提携を通してさらに地盤を固めていく方針だ。

 

加えて、アフリカはこれから伸びる市場として捉えられているものの、ブロックチェーン技術の導入が危ういほどインフラが整っていない国や地域も多い。その為、日本企業が進出をためらっていた部分もある。今回、SBI RemitとアフリカのBitPesaが提携を行ったことで少しずつでもアフリカのインフラを変えて行く可能性があると言えるだろう。

 

また、アフリカへのブロックチェーン技術と送金システムの導入だけでなく、両社は、コスメ・電子機器・中古車の分野に力意を入れていくことを表明している。分野としてバラバラのように感じられるものの、実際にアフリカでこれらのものを手に入れようとすれば、現状では何回も通貨を変換する必要があり、非常に手間がかかる。

 

しかし、SBI Remitのネットワークを利用することで煩わしい変換を一切しなくても良くなる。アフリカと日本間の資金流通が加速する形になるだろう。アフリカと日本の資金流通が今まで以上に盛んになることで両方の地域におけるメリットを互いに享受することが可能だ。

 

アフリカの国々は殆どが発展途上国であり、インフラさえ十分でない場所も多い。しかし、今回の提携を通してアフリカと日本の資金流通はよりスムーズな形で行えるようになる。

その為、経済的な発展においてはアフリカはまだまだ期待の出来る市場だと言えるだろう。