「上手場ハッカーがいる限り、いかなるシステムも破られる。」と人々に暗示する人気のある映画作品がたくさんある。私たちは永遠にシステムが一つのデバッグもないのを確保することができないのに、「いかなるシステムも打ち破られる。」という見方が違っている。

 

「上手場ハッカーがいる限り、いかなるシステムも破られるだろう。」と人々に暗示する人気のある映画作品がたくさんある。そういう「ハリウッドハッカー攻撃」はリアルな世界における場面ではない——ハッカーはばれてしまったシステムのデバッグを見つけてから(例えば、アンロックされていないサーバー室、推測しやすいパスワード、保護されていないナットワークポート、または内に装置されている「裏門」)、認可されていないアクセスを実現する。

 

暗号学とは数学関数によってデーターの安全性を保証する科学である

私たちは永遠にシステムが一つのデバッグもないのを確保することができないのに——何と言ってもシステムは間べきでない人間に作られたものであり、「いかなるシステムも破られる」というのは間違っている。90代初から、私たちは暗号技術を利用してハッキング攻撃を完全に避けることができる。しかし、この技術を実際に応用する時に、ハッキングされるスペースもある。

 

数学がハッキングされて2 2が5にならないように、暗号学そのものがハッキングされて偽造された数字の署名(すぐに定義する)にもなれない——暗号学でも数学でも間違って使用される可能性があるのに。暗号学を利用しているシステムが破られた場合だったら、それはデザイナーは違った暗号学を応用したからしかない。これは、暗号学が役立たなかったからでなく、人が暗号学を「クラック」したからでもない——銀行が口座を間違って扱ったのは数学のせいだないこと、お母さんが熟知していない添付ファイルをダウンロードしたのは電子メールのせいでないことと同じようだ。それは重要な特徴で、ビットコインは上場に直接的な暗号学応用からだ。

 

暗号学は試練を受けなくて新しい技術ではない。ビットコインの使われたすべての暗号学技術はインターネットが誕生して以来すっと使用してた技術として、毎日利用されていて有り触れたインターネットプロトコルにおける重要な部分だ。NASA(アメリカ航空宇宙局)は航空科学が確実で必要だと思っているのと同じく、コンピューター科学者は暗号学が確実で、必要なものだと思っている。