Node Capital研究センターはDAGプロジェクトの投資ロジックを述べていた際に、現在では既に成功しているDAGのチェーンプロジェクトがスマート契約の機能を備えていないことから、新たに募集したDAGプロジェクトは、スマートなインテリジェント契約プラットフォームを備えている、またはスマートな契約を提供してチェーンにまたがるインターフェースを提供している。現在のDAG共通認識機構の学術研究はまだ進展中であるため、これらはスマート契約を実現することができるDAGプロジェクトが近いうちに宣言する機能を実現できるかどうか、まだ1つの疑問符が打たれる。DAGの同時実行や非同期特性によって、IoT類の応用にも適しており、多くのIoT類はDAGを偏愛している。IOTAは、機械間の小額の高周波数を処理するためのアプリケーションである。一方、IoTデバイスは一般的にPoWの採掘に必要な計算力を備えていないため、PPoS/DPoS+DAGまたはBFT+DAGは、将来のDAGプロジェクトの共通認識メカニズムになる可能性がある。